理事長挨拶

本格的な少子高齢社会の到来により、地域における医療と福祉の充実がこれまで以上に求められております。
私ども晴山会グループは病院を中心として、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、身体障害者療護施設などを運営し、それぞれの在宅介護支援事業にも力を注ぎ、長年にわたり地域における医療・福祉・介護の充実に努めてまいりました。
地域の事情から、この地域に何が足りないか何が必要かを考えて、病院と施設が連携してゆかなければならないと思っております。介護というのは大変なことでありますが誰にも起こりうる切実な問題であります。病院の治療だけでなく介護を必要となられた方が、気兼ねなくサービスを受けることができるように、支援することが私達の使命と考えております。

 当晴山会は早くからこの問題に取り組み、実績と経験をもとに工夫を積み重ねながら、地域の医療と介護に対応してまいりました。

病院や施設では、早く治して家に帰してさし上げたいということが半分、あと半分は、なぜこの方は寝ているのか、どこに原因があるのか、そしていま何が必要なのかなど、「正しく考えよう」というのが晴山会のモットーです。



これからも、地域の皆様にお役に立てるよう積極的に「医療・福祉・介護の向上を目指して」 取り組んでまいります。

理事長