八広晴山苑(仮称)の入札公告について

入 札 公 告 (郵便入札)

 

定款第33条の規定により、一般競争入札について次のとおり公告する。

 

平成28年11月14日

 

(住所)千葉県千葉市花見川区花島町149番地1

社会福祉法人 晴山会

理事長 平山 登志夫

 

1. 入札対象業務

 (1)業務名     重症肢体不自由児(者)生活介護事業所 内装設計・監理業務委託

 (2)履行場所   東京都墨田区八広5丁目 鉄道高架下

 (3)履行期間   契約締結日の翌日から内装工事完了まで (平成30年1月頃を予定)

 (4)設計概要   規模:延べ床面積 約820㎡ 構造:鉄骨造2階建 

 

2. 競争参加資格

本業務の入札に参加するものに必要な資格は次のとおりである。

(1)地方自治法施工例第167条の4第1項の規定に該当していない者及び同第2条の規定に基づき地方公共団体の入札参加の制限を受けている者でないこと。

(2)東京都もしくは千葉県において建築士法(昭和25年5月24日法律第202号)第23条の規定に基づく一級建築士事務所の登録を行っていること。

(3)本業務を行うにあたって必要な資格を有すること。

(4)管理技術者及び各主任担当技術者は、平成24年度以降に総工費5000万円以上の同種工事(非木造かつ500㎡以上の老人福祉施設、病院等)に携わった実績があること。

(5)会社更生法(平成14年法律第154号)に基づき更生手続き開始の申請がなされている者又は民事再生法(平成11年法律第225号)に基づき再生手続き開始の申立てがなされている者でないこと。

 

3. 業務の範囲

以下の内容とする。(以下「本業務」という。)

・内装設計業務全般※内装に係る以下の設計を含む

(電気・空調・給排水・ガス設備/エレベーター/防災設備等の設備計画全般)

・本体工事部分との協議・調整

・内装工事施工者選定への協力業務全般

・建築工事監理業務

 

本業務に含まれないもの

・構造設計

・建築確認申請等の行政手続き




4. 現地説明会

実施しない

 

5. 競争入札の執行(開封)の日時及び場所

・平成28年11月29日(火)午前11時から

・場所:就労・生活支援センター 飛鳥晴山苑

 

6. 最低制限価格

無し

 

7. 対象業務の入札に参加を希望する者は、以下の書面各1部を入札書と同封により提出するものとする。

(1)間取り図(資料1に基づき作成する簡易なもの、用紙サイズ及び縮尺自由)( 以下「間取り図」という。)

(2)「設計上の基本的な考え方」及び「施設の利用者等に対する配慮についての考え方」を書面(A4サイズ、様式は自由とする)にまとめたもの(以下「設計概要書」という。)。

(3)平成24年度以降に総工費5000万円以上の同種工事(非木造かつ500㎡以上の老人福祉施設、病院等)に携わった実績を示す、当該実績の概要書(用途、規模、間取り、写真等様式は自由とする)(以下「実績概要書」という。)

8. 質問の方法

本業務に対する質問がある場合は、簡易な内容確認を除き、書面をファクシミリにより送付すること。

間取り図及び設計概要書の作成に関する質疑は受け付けないため、詳細は適宜想定のこと。

・書面の送付先:社会福祉法人 晴山会 就労・生活支援センター 飛鳥晴山苑

FAX番号:03-3940-9185 (担当)新國

・質疑受付:平成28年11月18日(金)午後12時まで

・回答:平成28年11月22日(火)午後5時にファクシミリにより送付

 

9. 入札方法等

(1)郵送(書留、簡易書留に限る)による入札とし、持参、電報及びファクシミリによる入札は認めない。

①受領期限:平成28年11月28日(月)(必着)

期限を過ぎて到達した入札書は受理しない。

②提出先 〒114-0024 東京都北区西ヶ原4-51-13

社会福祉法人 晴山会 就労・生活支援センター 飛鳥晴山苑

電話番号:03-3940-9181

FAX番号:03-3940-9185

③提出書類

・入札書

・業務費内訳書

・建築士事務所登録申請書の写し(第一面)

・連絡担当者の名刺1枚

・実績概要書

・間取り図及び設計概要書

④郵送方法

封筒は任意の二重封筒とし、次のとおりとする。

・中封筒は入札書を入れて、封かんのうえ、「入札書在中」を朱書き表記し、開札日・入札に係る業務名、入札参加者の商号又は名称を表記するものとする。

・表封筒は、入札書を同封した中封筒、業務費内訳書、建築士事務所登録申請書の写し、連絡担当者の名刺1枚、実績概要書、間取り図及び設計概要書を入れ、表に入札書送付先郵便番号、住所及び機関名、入札に係る業務名、入札参加者の住所及び商号又は名称を表記し、併せて「入札書在中及び開札日」を朱書きする。

(2)入札に関しては、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(昭和22年法律第54号)等の関係法令を遵守すること。

(3)入札書の入札金額欄には、消費税及び地方消費税を除いた金額を記載すること。

(4)提出した入札書の引換え又は変更を認めない。

(5)入札執行回数は1回とする。

(6)入札結果は、入札後直ちに全ての入札参加者に対し、電話又はファクシミリにより連絡する。

 

10. 入札保証金

 免除する。

 

11. 業務費内訳書の提出

(1)入札に際し、入札書に記載される入札金額に対応した業務費内訳書の提出を求める。

(2)様式は自由とする

(3)提出された業務費内訳書は、返却しない。また、引換え、変更又は取消は認めない。

(4)業務費内訳書の提出は、契約上の権利義務を生じるものではない。

 

 

12. 契約保証金

契約金額の10%を納付する。

 

13. 契約書の作成

四会連合協定 建築設計・監理業務委託契約約款等により、契約書を作成するものとする。

 

14. 支払条件及び時期は以下を基準とし、委託者との協議により決定するものとする。

(1)契約時:契約金額の10%

(2)基本設計図書提出時:契約金額の30%

(3)実施設計図書提出時:契約金額の30%

(4)引渡時:契約金額の30%

 

15.入札の無効

(1)次のいずれかに該当する場合の入札は、無効とする。

①入札について不正の行為があった場合。

②入札書に記載した金額その他必要事項を確認しがたい場合又は記名押印のない場合

③指定の開札日前日(土曜日、日曜日及び祝日等を除く。)までに到達しない場合

④入札書を2通以上提出した場合

⑤入札書を提出しなかった場合

(2)この公告において示した競争参加資格のない者のした入札、申請又は資料に虚偽の記をした者のした入札は無効とする。

(3)開札時点において2に掲げる競争参加資格のない者のした入札は無効とする。

 

16. その他

提出した資料の返却は行わない。ただし、公表したり無断で他の目的に使用することはしない。

このNEWSの印刷はこちら(PDF)