第14回地域介護懇話会

「第14回地域介護懇話会」を開催!!

 2月17日(土)15時00分から、桜が丘晴山苑において第14回地域介護懇
話会(参加者29名)が開催された。
 冒頭に平山登志夫理事長から「地域医療・福祉のこれからについて」と題して、
高齢者福祉制度の成り立ちや経過、社会保障費の現状などについて講演をいただい
た。
 次いで、特別養護老人ホーム晴山苑の里見広美在宅総括より、「訪問介護サービ
スについて」の講演が行なわれた。
 参加した地域の皆様には、地域福祉に関する話題と在宅介護の根幹となる訪問介
護の具他的内容の説明はとても現実的なものの様子であった。参加者自身の経験か
ら、介護を行う家族の想いや、生活の中の介護問題について体験を含めた質問や感
想が多く出されていた。住み慣れた『自宅で生活したい』との当事者の想いにどう
応えるか、個人では限界があることは誰もが感じることであり、地域でどのように
支えていくかが今後の課題と感じれられた。
 ご参加の皆様や地域に皆様から、「地域介護懇話会」についての、ご意見・開催
テーマなど広くお受けいたします。ご連絡お待ちしております。
 ※次回は5月19日(土)13時30分からを予定しています。

このNEWSの印刷はこちら(PDF)
tpic099