第28回地域介護公開研究会

「高齢者と障害者の福祉施策の推進について~それぞれの展望と未来~」をテーマに勉強会を開催!!

2月16日午後6時30分から8時まで、地域介護公開研究会(参加者70名)が社会福祉法人晴山会の地域ふれあい広場「はなしま」で開催された。
 今回は、千葉市保健福祉局高齢障害部より、高齢者福祉・障害者福祉分野のそれぞれのエキスパートである高齢福祉課長の白井和夫氏、高齢施設課長の日暮博氏、介護保険課長補佐の今泉雅子氏、障害企画課長の龍崎純夫氏の4名を講師として、「高齢者と障害者の福祉施策の推進について~それぞれの展望と未来~」をテーマに勉強会を開催した。
 講演は、本年4月から実施予定(計画実施期間:平成21年度から23年度)である千葉市高齢者福祉推進計画と千葉市障害福祉計画の説明を中心に、今後の千葉市における高齢者人口・要介護認定者数などの推移・推計についてや高齢者の意識・実態調査の結果報告、介護保険料の改正案の説明などが行なわれ、今回の推進計画がどのような社会状況、ニーズに基づき策定され、基本理念や施策展開、達成目標が定められたのかなど詳しい説明があった。
 説明の後の質疑応答では、介護現場での経験や要介護者を抱える家族などからの声をもとに、もっと手厚い福祉計画を求める意見など、活発な質疑応答が行なわれ、終了時間が予定より30分以上伸びる白熱した勉強会であった。

このNEWSの印刷はこちら(PDF)
topics39