第38回地域介護公開研究会

「心電図を覗いてみませんか」をテーマに勉強会を開催!!

9月11日午後6時30分から8時まで、地域介護公開研究会(参加者80名)が社会福祉法人晴山会の地域ふれあい広場「はなしま」で開催された。
 今回は、心臓の電気的な活動の様子をグラフの形に記録することで、心疾患の診断と治療に役立たせる「心電図の解析」について、平山病院の療養病棟を統括する医師として、医療現場の第一線で活躍されている新井尚芳氏を講師としての勉強会であった。
 講演は、血液循環や心臓の構造から始まり、心電図の開発経緯や心電図の仕組み、心電図の測定方法とその特徴などの説明の後、心電図記録の決まり(記録用紙の読み方)や心電図解析の6つの手順(心拍数・調律・軸・伝導ブロック・肥大・梗塞)について、わかりやすい説明があった。
 また、今回の講演資料は、新井氏が看護師を対象に心電図解析の手順をいくつかの心電図例を示しながらわかりやすく解説された冊子の「心電図解析へのアプローチ」から要所だけ抜粋されたものを用いられたことで、医療従事者でなくても理解しやすい講演となった。
 心電図検査は普段何気なく受診しているものであるが、心疾患を発見・治療する上で、大変有効なものであることを改めて認識する勉強会であった。

このNEWSの印刷はこちら(PDF)
topics51