第48回地域介護公開研究会

「犯罪の現状と犯罪の心得」をテーマに勉強会を開催!!

 12月16日午後6時30分から7時30分まで、地域介護公開研究会(参加者7
5名)が社会福祉法人晴山会の地域ふれあい広場「はなしま」で開催された。
 今回は千葉北警察署の署長を務められ、千葉県警察本部の警備部参事官、兼警務部
監察官を務められている小林秀樹氏を講師として、「犯罪の現状と防犯の心得」をテ
ーマにした勉強会であった。
 講演は、地域での犯罪と高齢者の関わる犯罪についてで、花見川地区での空き巣な
どの侵入盗や自動車盗、ひったくりの犯罪の状況や犯人の手口、犯罪に遭わないため
の対策について説明があり、花見川地区では、こうした犯罪は減少傾向にあるものの
引き続き気をつけてほしいと述べられた。
 高齢者の関わる犯罪では、振込み詐欺について取り上げられ、警察で作成したビデ
オを用いられながら、振込み詐欺の巧妙な手口に対してどうすれば騙されないのか、
その対策についてわかりやすく説明された。
 また、今回のテーマではないが、県警が取り組む大規模災害への対策として実施し
ている高齢者福祉施設における避難行動要支援者対策訓練をご紹介され、県内で最初
に千葉北警察署管内の高齢者施設で取り組まれたことや、災害時における行方不明者
の捜索方法などを教えていただいた。
 今回の講演も、大変参考になる有意義で充実した勉強会であった。

このNEWSの印刷はこちら(PDF)
topics69