第57回地域介護公開研究会

「花見川区の魅力について」をテーマに勉強会を開催!!

 6月9日午後6時30分から8時まで、地域介護公開研究会(参加者100名)が
社会福祉法人晴山会の地域ふれあい広場「はなしま」で開催された。
 今回は我々が暮らす千葉市花見川区の区長である芦ケ谷勝氏を講師として、「花見
川区の魅力について」をテーマにした勉強会であった。
 講演は、まず花見川区の概況として、区の面積約34k㎡のうち、市街地が約半分
の約17k㎡で、その86%が住居系、11%が工業地域、3%が商業地であること
から典型的な住宅衛星都市であることを述べられ、これに基づいた人口動態、現状と
課題について述べられた。
 また検見川の大賀蓮や三代王神社の神楽や幕張ニンジンなど区内の文化財、特産品
などにも触れられ、これからの花見川区のまちづくりとして、高齢者にやさしいまち
づくりとして、高齢者の健康づくり、団地の再生、子育て環境の充実。花見川区地域
活性化事業。地域の文化遺産の保全・伝統行事の振興を推し進め、高齢者にとって住
みやすい街を目指すとともに区の特徴をとらえたまちづくりを行っていくと述べられ
た。
 参加者からも、道路・交通網の充実を求めるなどの意見があり、芦ケ谷区長からは
花見川団地の再生に向けた取り組みなども語られ、今一度、花見川区の未来について
考えさせられる勉強会となった。

このNEWSの印刷はこちら(PDF)
topics84