第61回地域介護公開研究会

「お年寄りと障害者が共に支え合う社会を目指して
~社会福祉法人 佛子園(石川県)の取り組み~」をテーマに勉強会を開催!!

 5月18日午後6時30分から8時まで、地域介護公開研究会(参加者50名)が
社会福祉法人晴山会の地域ふれあい広場「はなしま」で開催された。
 今回は、当法人の顧問である川村 博章氏と桜が丘晴山苑施設長の三須 正氏を講師
として、「お年寄りと障害者が共に支え合う社会を目指して」をテーマに、二人が視
察してきた石川県にある「社会福祉法人 佛子園」の取り組みを紹介する勉強会であっ
た。
 佛子園は戦後、戦災孤児を行善寺の住職が引き取り育てたことから始まり、障害者
福祉事業を立ち上げ、児童福祉、高齢者福祉も手掛けてきた法人で、石川県内で数々
の事業・施設を運営されており、中でもBs行善寺、Share金沢は「ごちゃまぜ
のまちづくり」をコンセプトに、お年寄り、障害者、学生、子供、地域住民が共生す
る地域拠点として、お互いが共に支え合うコミュニティが形成されていて、「生涯活
躍のまち」として、地域福祉の活動拠点の先進事例として全国から注目を浴びている
ことなどが紹介された。
 これからの施設は地域福祉の活動拠点としての役割が大きく求められていることか
ら大変参考になる有意義な勉強会であった。

このNEWSの印刷はこちら(PDF)
topics91