第63回地域介護公開研究会

「地域包括ケアと街づくり」をテーマに勉強会を開催!!

 9月26日午後6時30分から8時まで、地域介護公開研究会(参加者60名)が
社会福祉法人晴山会の地域ふれあい広場「はなしま」で開催された。
 今回は第32回定例会でご講演いただいた千葉大学医学部附属病院の地域連携部長
としてご活躍されている千葉大学予防医学センター臨床疫学教授の藤田伸輔氏を講師
として、「地域包括ケアと街づくり」をテーマにした勉強会であった。
 講演は、地域包括システムの説明から始まり、医療現場がインフォームド・コンセ
ントやコンコーダンス(concordance)と患者自身が理解し、同意し、納得して医療
を受ける体制へと歩んでいること。そのプロジェクトとして「SHACHI(Social Health
Assist Chiba)」を開発され、運用されていることを述べられた。
 そして花見川区の街づくりについて、花見川区は高齢者が多いエリアで、区内に通
勤・通学している人が少ない(昼間人口が少ない)エリアだと分析された。また街づ
くりの手法として「ストックマネジメント」を紹介され、花見川区が持つ4資本スト
ック(ひと・もの・しぜん・しくみ)を活用して「他の人が足を止めて楽しめる街」
を作っていったらどうかと提案された。
 今回の講演も、大変参考になる有意義で充実した勉強会であった。

このNEWSの印刷はこちら(PDF)
tpic095