第67回地域介護公開研究会

「知っていると得をする!
~介護を強力にサポートする「人工知能(AI)」と「介護ロボット」のお話~」を
テーマに勉強会を開催!!

 4月9日午後6時30分から8時まで、地域介護公開研究会(参加者50名)が社
会福祉法人晴山会の地域ふれあい広場「はなしま」で開催された。
 今回は介護環境研究所の代表CEOでいらっしゃる金沢善智氏を講師として、「知
っていると得をする!~介護を強力にサポートする『人工知能(AI)』と『介護ロ
ボット』のお話~」をテーマにした勉強会であった。
 講演は、これから迎える超高齢社会の人口動態などを述べられた後、コンピュータ
や通信技術はオフィス・オートメーションから「IoT(Internet of T
hings)」に進化し、現在はAIの技術が様々な分野で活用されていて介護分野
でも活用されていていることや国のロボット技術の介護利用における重点分野として
移乗介助、移動支援、排泄支援、見守り・コミュニケーション、入浴支援、介護業務
支援の6分野13項目となっていることなどの説明があった。
 今後、介護現場では深刻な介護職不足となることから、もっと先端技術である人工
知能(AI)や介護ロボットを活用して、危機的状況である介護職不足に対応してい
こうというものであり、これからの介護の在り方だけでなく、お年寄りのライフスタ
イルについても考えさせられる有意義な勉強会であった。

このNEWSの印刷はこちら(PDF)
tpic103